初代 杜氏 森伊蔵 年代物
対話からはじめる、
コアコンピタンスを
進化させるIT。

初代 杜氏 森伊蔵 年代物

  • 工事手配進捗管理システム
  • 入出門管理用端末アプリ

森伊蔵 - W

森伊蔵の由来[ 編集] 「森伊蔵」の裏ラベルに「かめ壺焼酎森伊蔵は、初代より受け継いだ技で、契約栽培のさつまいもを昔ながらのかめ壺でじっくりと熟成発酵させた焼酎です。 甘味のあるまろやかな味わいは、蔵元として自慢の焼酎です。 五代当主」とある。 森伊蔵酒造の4代目の名前が由来である。 1981年に帰郷して、1986年に第5代当主として蔵を継いだ森覚志が、従来の製法や販売方法を「百八十度変える」と志して作り出した。 父への敬愛と、森伊蔵という人名が他にいそうになかったことから焼酎の名にすることを思い立った。 父の伊蔵は焼酎の味は褒めたものの、己の名をつけることには反対したが、反対されたが故に「百八十度変える」という志に叶うと考えて、森伊蔵という銘柄名を確定させた [1] 。


問い合わせ
広沢虎造 石松と三十石船   曲師・森谷初江

昭和47年「マンモス団地」(高島平)

石松三十石船 / 二代目 広沢虎造